おもしろブログで愛媛の郷土・文化を老若男女に伝えてゆく


by goshiki0228
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 3 )

金縛り

どうも


ユウキです


HARUNAブログで先日紹介されてました





大隅 論起です


そろそろ暑くなってきて


家に帰るとエアコンをつけるか悩みます


窓をあければいいんですが


なんせ帰宅が夜なんで音楽などうるさいかなと


そんな中、寝苦しい時「金縛り」


によくあう僕です


小さい頃からよくなるんですが


幽霊的なもの・・・


みます


幽霊的なものに・・・


掴まれます


基本布団のうえから


ゆっくりと・・


足首・・


体・・


手首・・


今、目を開けると確実に顔がある・・


マウンドポジション体制


もがいてると金縛りが解けて


首が左に向いた瞬間


真っ赤なマニキュア


金の時計をつけた


手がスゥ~っと布団の中に入っていく


決して酔っ払って女性を連れ込んだわけではありません


そんなシリーズは多々あります


少し涼しくなりましたか?


よかったです


しかし他にも涼しくなれるものがあります


そうです


五志喜のツルツルしたコシのある冷たい


五色素麺


涼しさをかんじとれますよ


暖かい「にゅうめん」もよいですが


ぜひ、ご賞味を


五志喜へのアクセス



[PR]
by goshiki0228 | 2009-05-11 17:22

ランキング

最近、人事移動により生活のリズムが変わり事件が起こっております

僕の趣味は

第一位  仕事(何か?)

第二位  仕事の後の酒

第三位  仕事の前のGOLF

第四位  ボランティア活動(・・・・何か?)

営業時間が変わり大事な第二位・第三位が中々できなくなりました


郷土料理 五志喜

 営業時間 11:00~23:00(LO22:30)


新たな趣味を見つけなくては

そんな僕にもついに












   下へ↓












  



  もう少し↓













  がんばれ!! ↓












携帯の方、親指がガイに立ってますよ


あッどうもユウキです


ご無沙汰しておりました


ご報告が遅れましたが


ついに「郷土料理 五志喜」がRenewal openいたしました


前回ご紹介させて頂いた「五色そうめん」はもちろん


愛媛県の地場素材を活かした郷土料理・地酒も


多数ご用意いたしております


open three week food ranking
(bokuha,nihonzindakara,eigoha,wakarimasenga何か?)


第一位  五志喜にゅうめん

第二位  宇和島鯛めし

第三位  八幡浜ジャコカツ

第四位  本場鯛そうめん


とメインどころが上位を占めておりますが


しかしそのほかにも多数のsuper subな料理を


ご用意させて頂いております


これからpick upしながら記載さしていただきます


それでは今日はこのへんで


super sub 論起



皆さん、マルグループ卒業おめでとう。


ありがとうな   
[PR]
by goshiki0228 | 2009-03-17 07:31

五色のそうめん

どうも、五志喜のブログがついに始動


記念すべきスタートはユウキがお送りいたします。


しかし今はまだ改装中ということで


いまは準備に忙しい毎日でございます。


なので詳細は近日大公開となります


と、いうことで


少し語りましょうか


そうですね・・・・


郷土料理五志喜といえば、


愛媛県松山市といえば


五色そうめんもその一つ


皆さんご存じでしたか?


まずはそこからお話をいたしましょうか


歴史はさかのぼり


寛永年間創業灼三百七十年の歴史に支えられて


創業者は、寛永12年(1635年)、長門屋市兵衛


五色のアイディアは享保7年(1722年)


八代目市左衛門の娘が椿神社へ足をはこんだときに


どこからともなく美しい五色の糸が下駄に絡みつきました


そこで娘は「これは神様のお告げだわ」と思い


(椿神社は正確には伊予豆比古命神社といい商売繁盛をもたらす神といわれてるそうです)


父親に「そうめんに五色の色をつけてみては?」と言ったのがきっかけだそうです


もっと分かりやすく4コマでまとめると


こうなります


a0117979_128143.jpg

a0117979_1284723.jpg

a0117979_1291437.jpg

a0117979_1293524.jpg

あくまでイメージと軽いフィクションです


昔から五色そうめんを愛した文人墨客は数知れません


近松左衛門もその一人。


親交のあった松山の豪商より贈られた五色そうめんを


「味はいうまでもなく、その美しい姿はまるで暗く冷たい冬の日に輝きながら、舞い踊っている陽炎のよう」


正岡子規は


「文月のものよ五色の糸そうめん」


という句を残しているみたいです


その当時は着色に


クチナシ(黄)ベニバナ(赤)タカナ(濃紺)クチナシ+タカナ(緑)の植物


現在では


鶏卵(黄)梅肉(赤)そば粉(茶)抹茶(緑)で


人工着色料を一切使用しない自然食品です


詳細はこちら


http://www.goshiki-soumen.co.jp/catalog/default.php


もちろん郷土料理『五志喜』でもお買い求められますよ


まだまだ素麺だけでも深い話もあるのですが


今回は五色そうめんの誕生話とさせていただきました


愛媛の方・県外の方も『愛媛県』を共に知っていきましょう


近日、「試飲を口実に!!ユウキ、地酒飲みまくり朝まで語り続けるノ巻」


乞うご期待!!
[PR]
by goshiki0228 | 2009-02-04 01:33